うつ病の薬の種類

うつ病の薬の種類

うつ病の薬の種類 うつ病で使われる薬ですが、その人の症状に合わせてさまざまな薬が処方されます。抗うつ薬が用いられますが、ほかに不眠などの症状が出ていれば、睡眠薬のようなものも一緒に出される場合があります。処方される薬によって、そのとき悩まされている不快な症状をおさえることができるでしょう。

医師は患者さんを診察したり、カウンセリングによって出ている症状などを聞いて、その症状に合う抗うつ薬を処方します。一般的な症状として発汗や吐き気、めまいや身体のふるえなどの症状が出ることもあります。うつ病の治療は少なめの薬の量から始めて、患者さんの体調や副作用に関する反応などを見ながら、徐々に量を増やしていきます。しばらく抗うつ薬を飲み続けてみて、症状がおさまるかどうか様子を見ることになるでしょう。

薬の効果が上がれば、少しずつ量を減らしていき、治療を終わらせることができます。ただし、再発が心配されるため、症状が改善したからといってすぐに薬をやめることはできず、服用し続ける必要があります。薬の量をコントロールすることは難しく、医師であったとしても簡単に判断できません。完全に以前の状態に戻れるまでは、薬の服用だけ続ける必要があります。

最新記事